スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Safariでヒラギノフォント。

MacのSafariではヒラギノフォントが反映されないことに気付きました。
今まで、Mac用フォントは「ヒラギノ角ゴ」と「Osaka」の2つを入れてたんですが、私はメインにFirefoxを使っているので、その違いに気付いてなかったんですね。Firefoxではヒラギノ、SafariではOsakaで表示されていたようです。
今回、「ヒラギノゴ」を入れてみて、あれれ?Safariでは出てこないぞと思って、色々調べたらSafariはヒラギノフォントを読み込まないような報告がたくさんされていました。

それで、更に色々と調べてみると、「Hiragino Maru Gothic Pro W4」ではなく、「Hiragino Maru Gothic Pro」と入れれば良いと書いてあったんですが、これだと今度はFirefoxやOperaで丸ゴが出てきません。

そんなわけで、色々と試してみた結果、

font-family:"ヒラギノ丸ゴ Pro W4", "Hiragino Maru Gothic Pro W4", "Hiragino Maru Gothic Pro", "MS Pゴシック", "MS PGothic", "Arial", "Verdana","sans-serif",;


こんな風に入れれば良いようです。
要するに、Firefox、Opera用とSafari用の両方を入れる必要があるみたいです。
それから、Win用の「MS Pゴシック」を後に入れるのは、Mac OSでもWordなどのOfficeを入れているとMS Pゴシックで表示されてしまうからだそうです。これを避けるために、「MS Pゴシック」よりも前にMac用フォントを置きます。

ちなみにMacのヒラギノ丸ゴというのは、こんなフォントです。
かわいいですよね。
スポンサーサイト

23:27 | カスタマイズ | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。